次回の研究会開催予定(参加をご希望の方はお問い合わせからお申し込みください)

お申し込みはお問いわせ欄よりお申し込みください。

日 時 : 平成31119日(土) 1700分~2015

会 場 : 静岡県男女共同参画センター あざれあ 2階「大会議室」

 422-8063 静岡県静岡市駿河区馬淵1丁目17-1  TEL:054-255-8440

共 催 : 全国てんかんリハビリテーション研究会

大塚製薬株式会社・ユーシービージャパン株式会社

会 費 : 1,000

 

16:0016:55 全国てんかんリハビリテーション研究会 運営委員会)

17:0017:05                                                                                

開会の挨拶  井上 有史 先生(国立病院機構静岡てんかん・神経医療センター 院長)

17:0518:05                                                                             

一般演題 (1演題15分+質疑応答5分)

【座長】飯田 幸治 先生(広島大学病院 脳神経外科 准教授・てんかんセンター長)

  ① 「てんかん患者のセルフスティグマ低減に向けた質的研究」

      倉持 泉 先生(埼玉医科大学病院てんかんセンター神経精神科・心療内科助教)

  ② 「就労支援のための認知コミュニケーションチェックリストの活用方法についての予備研究」

      廣實 真弓 先生(帝京平成大学健康メディカル学部言語聴覚学科 教授・言語聴覚士)

  ③ 「実践、就労を意識したてんかん学習プログラムの取り組みと人材育成」

      須賀 裕輔 先生、浪久 悠 先生(国立精神神経医療研究センター病院精神リハビリテーション部作業療法士)

18:0519:05                                                                             

症例検討会3題(1演題15分+質疑応答5分)

【座長】白石 秀明 先生(北海道大学病院 小児科 講師・てんかんセンター副部長)

  ①      「自己表出が苦手な患者が個別作業療法とMOSESプログラムの関わりを通して得た変化について」  

      廣田 清美 先生(国立病院機構静岡てんかん・神経医療センター 作業療法士)

  ② 「治療の選択肢に行き詰まったてんかん患者への支援」

      古屋 由加 先生(広島大学病院 総合医療研究推進センター データサイエンス部門CRC(看護師))

  ③ 「かつては不適応行動を繰り返すも感情のコントロールが可能となった患者の一例」

      堀田 貴大 先生(医療法人福智会 福智クリニック 臨床心理士)

19:1020:10                                                                            

特別講演(55分+質疑応答5分)

  【座長】 谷口 豪 先生(東京大学医学部附属病院 精神神経科 助教)

「 てんかん診療でのリエゾンを考える 」

  【演者】 山田 了士 先生(岡山大学大学院 精神神経病態学 教授)

20:1020:15                                                                            

閉会の挨拶 福智 寿彦先生

(一般社団法人全国てんかんリハビリテーション研究会代表理事・医療法人福智会すずかけクリニック)